自己分析A-自分軸-

人事の方からコメントをいただきました♪
 →はじめまして…
少し緊張します(笑)。
…ranking

では、第三回目です☆

始めてこられた方は、
まず前回の内容を読んでくださいね^^

第一回:就活で一番大事なこと
第二回:自己分析@-自分を知るということ-

前回は、『「自分」が「過去」・「現在」・「未来」の3つから表すことができる』という話でした。
そして、3つそろうことが大事だという話をしましたね^^

今回は、

1つではだめなの?
2つで充分じゃない?

という方に、過去・現在・未来の3つがそろうことに
どういう意味があるのかをお話したいと思います。

まず、下の絵を見てみてください。

自己分析_現在

へたっぴな絵ですいません。。。

今の自分がいます。
周りに何もないので、どこにどう進むのかがまだ見えません。

次に、これです。

自己分析_過去

過去の自分と繋がりました☆
どうやら自分の進む方向が見えそうです^^

では、次です。

自己分析_過去2

でも、過去の自分はたくさんあって、
もしかしたらこんな風に進む方向が見えにくくなるかもしれません。

自分史を書いたことがある人は同じようなことを感じた経験が
あるかもしれません。
たくさんの自分が現れて、
どれに注目すればいいのか分からないのです。

これだと、いっこいっこの矢印は説明できても、
一体どれを選べばいいのか分からなくなってしまいます。

次をみてください。

自己分析_未来

未来の自分を見ることで、過去-現在-未来の三点が繋がり、
軸が生まれました☆

この軸は三点をつないでいるので、
ぶれることがありません。
この軸を見つけることが自己分析の目的なのです。

今回は、現在>過去>未来という順番で説明しましたが、
順番は特に関係ありません。
どの順番であっても、一点より二点、二点より三点の方が
しっかりした軸を見つけてくれるのです☆

実際は、ここまではっきりと一本の軸となることは難しいと思います。
(過去がたくさんあるように、未来だって漠然としてますしね。)
でも、大事なのは三点の方が軸がぶれにくい。ということです。


今回は、3つの時間から自分を捉えることの効用についてでした。
現在、過去、未来を個別に考えるのではなく、
それぞれをつなげることでより明確な自分の軸が生まれる
ということが分かりました☆


次回からは、実際にそれぞれの時間の自分を探ることで
自己分析を進めていきたいと思います。

個々のやり方・考え方に入っていきますが、
前回の中でも言ったとおり、大切なのは本質です。

『3つの時間によって自分を捉えることが出来る』
という全体像を忘れずにいてくださいね☆^^


では、続きは次回☆
長々とありがとうございました。


最後までよんでいただいて、ありがとうございます☆
少しでも役に立ったでしょうか。よろしかったら応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングに参加しています☆
↓ ↓ ↓
banner_02.gif
応援のクリックありがとうございます☆感謝♪


この記事へのコメント
初めまして!就活目前の大学3年生のモリダイという者です。

私はこれまで自己分析を将来を今から限定してしまうもののように考えていましたが、ゆーやさんのお陰で改めることが出来ました。

自分でも、過去・現在・未来の自分について色々考えて見ます。

更新楽しみにしてます!
Posted by モリダイ at 2006年09月29日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24464534

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。